南道新販売所 北海道新聞 日本経済新聞 道新販売店 北海道新聞販売所 0120-971-335

石狩地方の天気予報       その他の地域の天気
26日17時、気象庁発表

日付 5月27日(金)
天気 曇り のち 雨
曇り のち 雨

詳細はこちら
contop
Topics - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
 
2010/05/18  (10:37 pm)
執筆者: admin (10:37 pm)

ベンチ設置に向け “街歩き”
団地地区で休憩用に


坂の多い北広島団地で、散歩や買い物の途中にベンチで休憩してもらおうと、北広島団地地区地域ケア会議(団地団らんネット)が、設置に向けた場所の選定に動き出しています。
 
各住区の民生委員、福祉委員、自治会長らが4月下旬から地図を片手に実際に歩いて回り、「バス停の近くなら座ってバスを待てる」「駅前で買い物して帰る時は、このあたりで一息つきたいのでは」など、住民の視点でチェック。平らな場所や木陰になるところなど数力所を候補に挙けました。
 
今後各住区の調査結果を持ち寄って場所を決定し、夏ごろまでの設置を目指します。

サケの赤ちゃん、元気でね!
子供たちが 輪厚川に放流

北広島青年会議所主催の『サケの稚魚放流式』が5月1日(土)、輪厚川の河川敷で行われました。
 
集まった子どもたちは、4センチほどに育った稚魚の入ったカップを受け取ると川岸からそっと放流。いつまでも川面を眺める子、後を追うように川岸を走る子ら、たくさんの笑顔に見送られ、約2干匹が海へと旅立っていきました。
 
この事業は昨年に続いて2年目。うまくいけば再来年、大きく成長して帰ってくるサケの姿が見られそうです。

安全・安心・きれいな公園に
わたしたちがお手伝いしています 【 前編 】


北広島団地地区に20数カ所ある公園のうち、『北広島市公園等里親制度』で清掃や草刈りを行っているのは現在5団体で、その活動はほぼボランティア。後を絶たない悪質ないたずらなどに頭を悩ませながら、日々公園の美化に努めています。
 
みなみ風では日ごろ地道な活動をしているこれら5団体を、今号と次号の2回に分けてご紹介いたします。
 
鶴寿会のメンバーがやまぶき公園(広葉町)の清掃を始めたのは3年前。
4月下旬〜11月上旬までの雨天を除く毎週日曜の朝8時に集合し、枝やごみ拾い、砂場を中心とした危険物の除去、ベンチやタコ型滑り台のふき掃除等を、約1時間かけて念入りに行います。
 
一昨年はたき火が原因で滑り台の一部が焦げ、昨年はひび割れ部分をのみてえぐられるなどいたずらでは済まされない事件が起きていますが、鶴寿会の三枝会長は「会員みんなで一緒に励ましあいながら活動し、地域への貢献に幸せを感じています」と話します。
 
日によっては4〜5人しか集まらない時もあるそうですが、70代後半〜80代の高齢の皆さんが、地域のため、子どもたちの安全のためにとやまぶき公園を守っています。

こんにちは! 北広島担当記者です。
【 第27回 】 三井を起爆剤に

市内大曲地区に「三井アウトレットパーク札幌北広島」が開業し、もうすぐ1ヵ月。大型連休中も駐車場には旭川や室蘭、釧路など道内各地のナンバープレートがずらりと並び、大曲がいまや“全道区”になったことがうかがえる。
 
ここで期待したいのがほかの地域への波及効果だ。
 
北広島はこれまで、札幌のベッドタウンとして人口が伸び続けていたが、それも頭打ち。観光資源を発掘し、地域の活性化に結びつけることが必要な時期に来ている。
 
例えば、国指定史跡の旧島松駅逓所。クラ−ク博士は全国的に有名だが、 「ボーイズ ビー アンビシャス(少年よ大志を抱け)」という名言が、この駅逓で生まれたことはあまり知られていない。
 
私案だが、この駅逓で「名言大会」を開き、参加者に、後世に残したい一言や大切な人に伝えたい言葉を紹介してもらうようなイベントを開けば話題になるかもしれない。大会を見た人が「おもしろい場所があるよ」と、三井で買い物をするついでに駅逓まで足を運んでくれれば、導線ができる。
導線がてきれば沿道の飲食店や商店の利用客も増えるだろう。
 
地域の魅力をPRし、観光客をけん引するのはたやすいことではないが、市民の熱意にかかっている。
 
<上田 貴子〉

へんしゅうこうき

先日訪れた東北地方で珍しいものを見ました。
川の上にたくさんのこいのぼりが泳いでいたのですが、その中に数匹の「うなぎのぼり」が…。
これで景気もうなぎ上り…?

 
2010/04/30  (1:09 pm)
執筆者: admin (1:09 pm)

不審者情報 メールで配信 4月からスタート

学校、警察、地域住民からの不審者情報を、従来よりも速やかに配信するシステムが4月2日から始まりました。
 
配信しているのは市教育委員会の子どもサポートセンター(青少年課)。これまで『SC通信』として学校や自治会にファクスで配信していましたが、各家庭に行き渡るまでに数日を要する場合もあったことから、迅速かつ確実に情報を届けるためメールでの配信を導入。
これまでに300件以上の登録があり、すでに9日には新富町で発生した下半身露出事件が配信されています。
 
サポートセンターでは「昨年度は、児童への声かけや下半身露出など10数件の情報がありました。地域の皆さんの防犯活動などのご協力で年々発生件数は減っていますが、もし見かけたり被害に遭った場合は、まず警察に通報し、サポートセンターにも連絡を入れていただければ」と話しています。
登録はどなたでもでき、受信はパソコン・携帯のどちらても可。
 
touroku@safety.city.kitahiroshima.hokkaido.jp
 へ空メールを送信。

たくさんのご応募ありがとうございました。
ファイターズ懸賞

4月15日に締め切りました今年最初のファイターズ戦チケット懸賞に、461通と昨年の同時期より若干少ない数字とはなりましたがたくさんのご応募をいただき感謝いたします。 チームの成績がやや低迷気味ですので、皆さんの声援で後押しましょう!
 
今回もご意見・ご要望を多数いただきましたので、いくつかご紹介いたします。
 
【紙面について】
・朝の食卓欄が楽しみ
・生活面の「花ごよみ」を楽しみにしている
 いつか一冊の本にまとめてほしい
・道外の記事も増やしてほしい
・映画館の案内は一カ所にまとめてほしい
・催し物の記事は、終わってからではなく開催中に掲載してほしい
 
【販売所について】
・旅行や懸賞企画などが楽しみ
・古紙回収が助かっている
・新聞が毎日定刻に配達され感謝している
・配達時間がまちまちなのである程度一定にしてほしい
・ポストの口が狭く取り出しにくいので、折り目が手前に来るように入れてほしい
 
本紙紙面へのご意見はすべて本社に伝えております。貴重なご意見をありがとうございました。

シルバー活動紹介 花苗班


昨年の『木工班』に続き、これからが“旬”の『花苗班』をご紹介します。
 
『花苗班』は、シルバー人材センターで行っている3つの独自事業のうちのひとつ。
15年ほど前から始まり、現在は18名の会員が交替で花の管理をしています。
 
花を咲かせるための最初の作業は、まだ春遠い1月中旬。先を削った割り箸で一粒―粒丁寧に種を植えていくことから始まります。
開花時期をずらすためタイミングを計りながら種植え作業を進め、最終的に育てるのは6万株近<。20種類以上の花の苗と、数種類の野菜苗を作っている3棟のビニールハウスは、センターから徒歩数分の北の台小学校の一角にあり、温度管理をされたハウス内で会員の皆さんの愛情をたっぷりと受けて成長しています。

販売所リレーコラム
北広島との不思議な縁

私の出身は上富良野町で、実家は稲作農家でした。学生時代は北海道を離れ、岐阜県大垣市で過ごしましたが、故郷の民話を紹介する課題に、北海道の稲作の父と呼ばれる中山久蔵の話を選びました。
稲を育てるのにお風呂のお湯を使ったという話だったと思います。芽だしをするのにお風呂の残り湯の中に籾を入れるのを見て育った私には身近な話題だったのです。その時は赤毛やこの町のことだとは全く知りませんでした。
 
その後主人の仕事の都合で道内外に住みましたが、千歳への転勤を機に、娘の吹奏楽のアンサンブルコンクールで訪れたことがあった北広島に居を構えました。自然が多いことと、快速が止まり交通の便が良いことなどが理由でした。さすがに家でキジやアライグマを見るとは思ってもいませんでしたが。
 
今年は島松駅逓や記念碑を見に行ってみようかなと思っています。
 
【折り込み H・Y】

へんしゅうこうき

子ども手当の認定通知書が送られてきました。
子どもを持つ同年代の友人とその話題こなると、「もらえるのはうれしいけどいつまで続くのか」「このお金の財源はどこから出て、どういう形で後から跳ね返ってくるのか」「何のためにもらえるの?」など、素直に喜べない言葉ばかり。
皆さんはどう感じていますか?

 
2010/04/17  (12:30 am)
執筆者: admin (12:30 am)

道都大生らが無料情報誌を発行
学生向け「北美人」18日創刊


道都大学美術学部4年の本間千恵美さんが代表を務める学生グループ「北桜」が、札幌圈の大学のサークル紹介やアルバイト情報なとを盛り込んだ学生向けのフリーペーパー「北美人」の創刊号を4月18日に発行します。
 
昨年秋に発足した「北桜」のメンバーは、本間さんを含む3名の道都大学の学生のほか、札幌市内の大学生や専門学校生で構成。サークルや団体が学校の枠を越えて情報を共有したり、合同でイベントを行うことを目的とし、学生支援団体の『プロジェクト・ノア』(札幌市白石区)の監修のもと、「北美人」の発行などで活動のベース作りをしながら、来年春に予定している大規模イベント『合同新入生歓迎会』の開催を目指しています。

通園楽しみだね♪ かおり幼稚園で入園式


北広島かおり幼稚園(高台町)で4月8日(木)、入園式が行われました。
この日を祝うような暖かな日が差し込むホールに、昨年度途中入園した園児と、新年度に入園した15名の園児が拍手の中、父母に手を引かれて入場。
きちんと椅子に座り園長先生の話に耳を傾けた後、これからの園生活で行われる礼拝のための「お祈り」の練習もし、小さな手を合わせて静かに目を閉じました。
 
幼稚園では楽しいことがいっぱい待っています。毎日元気に登園して、たくさんお友達を作ってくださいね。

グループ・サークル
『男の雑談会』


白樺町2丁目に住むオヤジたちの集まり『男の雑談会』におじゃましました。
 
9年前、初代町内会長の赤枝さんが「男もご近所との付き合いを」と、気の合う仲間から始め、今ではメンバーが20人ほど。住民センターを会場に年に4回ほど行われ、常に14、5人が集まってきます。
参加費は、センターの一室を借りるための費用を人数で割った数十円のみ。当日はそれぞれが食べ物や飲み物を持参して「お酌をしないこと」を鉄則に、缶ビールや日本酒、お酒が飲めない人はコーヒーを飲んだり、お菓子をつまんだりと、おのおののスタイルで過ごします。楽しい話題で盛り上がり、時にはまじめに町内会の問題を語り合う。自然とできる数人ずつの輪での世間話は、2時間の間尽きることかありません。
途中で来る人、帰る人、最近仲間に加わった人、しばらく参加していない人。そこは「来る者は拒まず、去る者は追わず」をモットーにした、どこまでも自由でゆる〜い、男の憩いの空間のようです。

こんにちは! 北広島担当記者です。
【 第26回 】 「おいしい」北広島

初めまして。3月から北広島市の担当になりました。
 
北広島は広島県の人々が明治17年(1884年)に入植し、開拓したマチです。実は私の父方の祖父も広島の出身で、ご縁を感じます。
 
最初なので、少々自己紹介をさせていただきますと、趣味は「食」に関することです。食べ歩き、パン屋巡り、料理、食について書かれた本の収集など。
 
北広島の担当になってからも「食」を求めてマチを回り、いくつかおいしいお店を見つけました。その一つが輪厚にある「エーデルワイスファーム」。ここのハムを少し厚めに切り、「麦の香」(里見町)や「あぐり」(美沢)のパンで作ったサンドイッチは最高のごちそうです。
また、取材先ではニンジンジュースを練り込んだ「ひろっこラーメン」をいただき、舌鼓を打ちました。
 
これから、マチの課題や楽しい話題を積極的に取材したいと思います。また、みなさまから話題がありましたら記者室(373・5653)へお電話ください。
どうぞ、よろしくお願いします。
 
<上田 貴子〉

黒い森美術館 2010年度は4月26日(月)オープン

開館日

4月26日〜12月上旬の毎週月・火・水曜日
GW期間中の5月1日、2日は特別営業いたします。

開館時間

10時半〜15時半

入館料

300円

住所

富ケ岡509−22(TEL 373−8239)

5月の展示のご案内

大曲在住の陶芸家・松原成樹さんの作陶展を行います。
是非お越しください。

『第3回 平和のうたごえ喫茶』

守ろう、いかそう、憲法9条。
憲法記念日に、思い出の歌、安らぎの歌、平和の歌をみんなで歌いましょう!

日時

5月3日(月) 憲法記念日 11時〜13時

会場

エルフィンパーク交流広場

備考

無料。歌集、飲み物は各200円(昨年までの歌集がある方はご持参ください)。
駐車場は駅西□臨時駐車場を利用ください時

主催

うたごえ喫茶実行委員会

共催

北広島九条の会

問い合わせ

やな川(TEL 375−9600)

今年もあぐりの『9条パン』を販売します。

 
2010/04/01  (1:37 am)
執筆者: admin (1:37 am)

北広島での思い出を胸に
小中学校で教職員の離任式


市内の小中学校で3月25日(木)、修了式と今年度で転出や退職をする教職員の離任式が行われました。
 
広葉中学校では、第2住区自治連のふれあい夏祭りで金管楽器アンサンブルを演奏するなど、地域に積極的に関わってきた水野厚教頭を含む、9名の教職員が学校を離れることになり、壇上で花束が渡された後、全校生徒の温かい拍手で見送られました。
 
北広島で過ごした数年間を忘れずに、新任校でもご活耀されることを祈念いたします。

ワインで旅するフランス
南販売所主催ワイン会実施


当販売所主催の2010年最初のイベント『ワインでフランスを旅しましょう』を、3月13日(土)に栄町のぱる亭で開催し、27名の参加者が赤と白3種類ずつ計6種類のフランス産ワインを堪能しました。
 
講師はおなじみの日本ソムリエ協会の村橋妙子さん。ロワール、ブルゴーニュ、ボルトー地方など村橋さんが選んだフランス各地のワインには、ぱる亭のマスターがぞれそれのワインに合うおいしいパスタや肉料理を用意。デサートワインをかけたアイスクリームも大好評でした。
 
今回ご参加いただいた皆さまからは「知らない人と飲むのも楽しい」「料理にボリュームがあり満足」「ワイナリーツアーもぜひ参加したい」との感想をいただきました。
 
次回は5月ごろに、近郊のワイナリーツアーを予定しております。夫婦、親子、またお―人でのご参加も大歓迎です。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

仲良く楽しくダンスを学ぼう
アルク アンシェル ポン


フランス語で「虹の橋」を意味する『アルク アンシェル ポン』は、幼児から中学生までが対象の、ジャズやファンクを主体としたダンスサークル。毎週火曜日に芸術文化ホールで、年齢や経験に応じた3つのクラスで活動をしています。
 
1番小さな「イエロークラス」は3歳から。現在、男女5名のちびっこたちが、上の「オレンジクラス」「レッドクラス」を目標に練習に励んでいます。
 
約1時間のレッスンは、合間に休憩や遊びをはさみ、子供たちが飽きないよう、めりはりをつけた内容になっていて、指導者の和知さんは「小さな子供たちのクラスは、ゲームや遊びを取り入れて、その中から動きを学んでいくように指導しています。仲間と一緒に踊ることで、協調性も身につきます」と話します。
 
毎年秋には発表会が行われ、小さなお子さんもステージ上で堂々としたダンスを披露。普段着ることのないきらびやかな衣装を穏てライトを浴びると、子供たちの目がきらきらと輝きます。

販売所リレーコラム
卒業式のワンシーン

校庭、沈丁花の花と香り、袴をはいた女性、そしてビバルディのスプリングソナタ。頭の中に思い描かれるこれらの事柄は、春の訪れが間近に感じられるこの時期になると、必ずや私の小学校の卒業式のワンシーンとして登場します。雪のない地方で育った私の卒業式とは、校庭の真中、両脇に並んだ在校生の長い列に見送られながら、袴姿の担任教師を先頭に誇らしげに歩いて行く子供たちの姿に他ならないのです。
 
それが早いものです。下の息子がこの春、中学を卒業しました。無我夢中で今日まで子育てをしてきましたが、ここで一区切りつくのでしょう。私に昔を懐かしく思い出すシーンがあるように、娘や息子も卒業というこの瞬間を目に焼き付けて、次のステップに踏み出していければよいと、静かに思います。
 
【折り込み K・K】

へんしゅうこうき

暖かくなってきましたね。陽気とともに、動物たちの動きも活発になってきたようです。
先日、自宅玄関前にフンの落し物が・・・。
足跡をたどればネコのよう。雪解けとともに道端にはイヌのフンも見えてきました。
飼い主の皆さん、マナーはしっかり守ってください

 
2010/03/17  (7:52 am)
執筆者: admin (7:52 am)

危険な場所をチェック
緑陽中健連協が通学路を確認


緑陽小学校の地域交流室で3月7日(日)、緑陽中学校区青少年健全育成連絡協議会(健連協)の地域交流会が行われました。
 
緑陽中学校区の不審者発生状況についての講話の後、出席者が5、6名ずつA〜Gのグループに分かれて第3・4住区内の通学路を歩いて回り、冬期間の車道と歩道の状態や、防犯上の死角などを確認しました。
 
点検終了後、各グループからは「日当たりが悪く、スリップ事故が起きやすい車道があった」「車庫通りは、住宅と違い防犯上の不安がある」「雪のため、車道の上に歩道かできている場所があった」「照明が薄暗いので明るいものに替えるか、街灯を増やしてほしい」「樹木の剪定をしてほしい」「小学校のグラウンドの雪が、風の影響で雪庇となって石垣の上からせり出して来ているので下を通ると危険」など、多くの問題点が挙げられました。
 
健連協事務局では、今回の巡回で様々な問題が見つかったことから「今後、市や関係機関に掛け合い、子供たちが安全・安心に登下校できるよう努めたい」と話していました。

中学校最後の思い出づくり
緑陽中3年生が卒業記念球技大会


卒業式を間近に控えた3月8日(月)、緑陽中学校3年生(2クラス62名)の卒業記念球技大会が開かれました。
 
生徒の希望で今年の種目はバレーボールとドッジボールに決定。男女混合で行われたバレーボールでは、先生が加わる場面もあって和やかに交流が行われました。実行委員長の加藤駿斗くんは「高校受験が終わってから、保体委員4名で準備をしました。みんな盛り上がって楽しくできたので良かったと思います」と話していました。
 
球技大会終了後は、3年間の思い出のビデオが上映され、映像が変わるたびに生徒から歓声が上がっていました。

『YAMAOKA』
北広島から国内外へテクノ音楽を発信しているユニット


来年で結成20年を迎える『YAMAOKA』は、市内の別々の職場に勤務しながら、12インチシングルやCDアルバムをドイツやベルギーなど海外のレーベル(レコード会社)に発表している、松葉町在住の岡謙一さんと、南町在住の山崎良範さんの2人が組む40歳のテクノユニット。今回はユニットを代表して、リーダーの岡さんにお話を聞きました。
 
テクノ音楽とは、異なったパートを数人で演奏するロックバンドと違い、シンセサイザーなどの電子楽器を使って曲を作り上げる音楽のこと。日本ではYMO、海外ではクラフトワークが代表的です。
 
岡さんは、YMOの“散開”コンサートを見た14歳の時に「これしかない!」と思い、「いつかYMOのようになりたい」と、高校の入学祝いとして両親にシンセサイザーを買ってもらっ たそうですが、楽器演奏の経験もなく、実際は山崎さんとユニットを組むまでほとんど使わなかったといいます。
 
「楽譜は読めないし、メカ音痴。今もアナログシンセを使っていて驚かれることもあります。ただ、テクノは音を積み上げていくことで、演奏技術がなくても曲が作れるし、歌(歌詞)がないので良い音さえ作れば、国籍、性別、年齢を問わす、海外からでも作品を発表できる可能性があるのが魅力です」と、岡さんは語ります。
 
ユニットを組む山崎さんは、北広島高校時代のクラスメート。2人とも音楽が好きでしたが当時はほとんど活動することなく卒業。岡さんは一時、北広島を離れますが、就職で戻り、山崎さんと1991年から音楽活動を再開します。
 
平日の夜や休日に曲作りを行ってきた2人は、その後、海外で活躍する日本人のテクノミュージシャンに触発され、自分たちの曲を海外のレコード会社に送るように。95年にフランスのレーベルとの契約を皮切りに数多くの作品を発表してきました。
 
2000年前後は、ライブ活動やテレビCMの製作などで忙しさがピークでしたが、山崎さんがここ2、3年、仕事の都合で取り組めないことから、最近はゆったりとしたペースで活動を続けています。「月に1、2曲を作って、年に24曲できればいい。今はアルバムを年に1、2枚発表して、ライブは都合が合えば出るという感じです。でもYMOに誘われたらすぐに行きますけどね(笑)」。 10代からの夢は、今も追い続けています。

楽しい♪おいしい ひな祭り
すみれ保育園でひなまつり


すみれ保育園(広葉町)で3月3日(水)、ひなまつり会が行われました。
 
最初に先生がひな祭りの由来や、7段飾りのひな人形の名前と役割を上から順に紹介。
 
「この人たちはお内裏さまを守ったり、お世話をする人です」などそれぞれの役割を話すと、子供たちは真剣な表情で聞き入りました。
その後に行われたリレーゲームでは、2チームに分かれて2人1組でお盆に載せた3段のひしもちの模型をバランスを取りながら運び、あわてて落としてしまったり、反対に慎重にゆっくり運ぶ園児もいて、大いに盛り上がりました。
 
最後はみんなでひなあられとジュースでお祝いし、男の子も女の子も桃の花のように笑顔が満開になっていました。

こんにちは! 北広島担当記者です。
【 第25回 】 未来のために今できること

4月1日から北海道中央バスの減便が決まった。利用者が10年前の6割しかいないことなどを理由に、早朝の通勤時間帯や、乗客数の少ない便などを中心に2割の削減を行う。
 
市内で行われた住民説明会に参加した。「転居も考えなくてはならない」「高齢者が運転てきなくなったらどうするんだ」などの声は、まさに北広島団地や、日本の高齢社会の未来像を示しているといってもいい。
 
ただ、市民がどこまで危機感を抱いているかは疑問が残る。どうだろう、20年後の自分ために、今からマイカーの利用回数を少しでも、公共交通機関の利用に回せないだろうか。その努力はきっと、返ってくるはすだ。
 
私事だが、3月から北広島の担当を離れた。団地の活性化や市庁舎の建設問題、高齢社会など現在の市民が未来の市民のためにやらなければならないことは多い。市民全員で、難問解決に向かっていくことを期待したい。1年間、お世話になりました。
 
<石垣 総静〉 いしがき のぶひで

へんしゅうこうき

ファイターズのオープン戦に行ってきました!
公式戦の緊張感はありませんが、久々のドームはやっぱりいいですね。
新しい外国人選手や、2軍から上がってきた若い選手もいるので、早く顔と名前を覚えて応援したいと思います!
 
(T)

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 18 »

contop
ページの先頭に戻る